素晴らしい講師でした

子ども向け英会話教室へ

1歳の子どもは、ちょうど、言葉が出始めて、お喋りになって来た頃でもあったので、日本語と同時に、ちょっとした英単語も口にする事もあった。 お母さん(Mommyマミー)とか美味しい(Yummyヤミ―)、嬉しい(Happyハッピー)などなど、本当に簡単なものばかりではあったけれど、それなりに、耳が英語に慣れていたのは確かなのかな〜と嬉しく思っていましたね。

それからも、しばらくの間はそうやって、英単語も口にしていたので、もしかしたら、このままどうにかして、潜在能力として隠れているかもしれない(?!)子どもの英会話力をこのまま無くしてしまうのは、勿体ないのでは?と思った私達。

ちょうどそんな時、その当時住んでいた所からほどなく行った所に子ども向けの英会話教室がある事を知ったんですね。 しかしながら、1歳の子どもが英会話教室に通った所で、どうなんだろう…という疑問も確かにあったので、とりあえずは、無料体験クラスを利用してみる事にしました。

私達が行ってみた所は、教室自体は小さかったけれど講師が若い男性だった事も手伝って、好印象!と、肝心の娘はと言うと…。 思っていた程怖がる様子も無く、案外、言われている事はわかっている様な、わかっていない様な…。 ただ、恥ずかしがって私から離れない、と言う様な事は無く、そばに一緒に座って居れば問題無さそうではありました。

世間的に有名な英会話教室などからするとかなりお手頃とも言える、週一回1時間弱のレッスンで、7千円程度だった事も好材料となり、とりあえずは初めてみる事となりました。 ちなみに、この教室でのレッスンは、親の同伴義務があったので、毎回、私も一緒に参加していたので、ついでに、私が我が子に英語を教える時に役立つ方法等も、学べるかもしれないな〜と、何だか得した気分もしました。 また、毎回クラスの前後に講師と交わすお喋りなんかも、楽しみの一つでもありましたね。

英会話教室の効果

娘が1歳の頃に、私も一緒になって参加した、週に一回の英会話レッスン。 そこで、実際に、目に見えて効果が表れたか?と聞かれれば、我が家の場合は、NOです…。 と言うのも、日本に暮らして居れば、圧倒的に日本語に囲まれる時間の方が多い訳で、例え週に1度、それもたった1時間そこらのレッスンを続けたからと言って、1歳の娘にとっては何ら影響は与えませんよね。

だからと言って、無駄だらけであったかと言えば、そんな事も無いんですよ! ひとつは、講師がネイティブイングリッシュスピーカーであった事が、非常に良い経験になったと思います。 人種が違う人と接する機会なんて、そう頻繁にはないですもんね。 英語が堪能な日本人講師が、身ぶり手ぶりをわざとらしく大きくして教えるよりも(たまに代替講師の事もあって…)、ネイティブの講師の方が全てにおいて勝っていたと、私は思います。

どうしても、日本人講師の方だと、「教えよう」という姿勢が前面に出ていて、楽しさよりも、内容を充実させる事、どれだけ多くを教えられるかに突出していて、娘の様子なんて、お構いなしと言った具合でしたね。 ほんの些細な事に関しても、例えば、独り言を言うにしても、当り前ですが、全て英語なので、同伴している私にとっても、非日常的な時間にどっぷり浸る事が出来て、楽しかったですし。

あと、大人の場合も同じだと思うんですけども、講師との相性ももちろん大きいと思います。 我が家の子どもは、私達親が好印象を受けていた事を察してか、講師にもすぐに慣れて、ニコニコで接していましたしね。 あと、幼児向けのクラスである、と言う事を考慮すると、担当講師は英語を教える能力と同時に、子ども達に温かく、辛抱強く接する事ができる、楽しくレッスンをすすめる事が出来る、と言う能力も重視されるべきだと思うんですが、私達が出会ったこの講師は、そう言う面でも素晴らしく能力が高かった様に思います。

例えば、イラストを書くのが凄く上手で、絵を描きながら何かしらの英単語を練習したりするとかですね。講師自体も楽しんでいる感じが凄く伝わって来て。 子ども達は、もう釘づけでしたよ〜。 あと、もうひとつ良かった点は、私も英語レッスンに同伴している時には、敢えて日本語は使わない様に務めました。

せっかく生の英語に浸っている時間に、私が娘に日本語で語りかけてしまうと、その空間を壊してしまい兼ねないと思ったからなんですが、その影響なのか、他の親御さん達も、わからないなりに、一生懸命英語で会話する様になっていったんですね。 多分、そんな事もないと、我が子にわざわざ英語で語りかけるなんて事はしないと思います…。 一緒に、英会話を学んでる、と言う実感が沸くので、そう言う面も、レッスンに通っていなければあじわえなかったのかな?と、思います。

1歳が英会話を始めるポイント

1歳になって英会話を習わせたいというときに一番大切なのが教えてくれる講師選びだと思います。 まず、どこでも無料レッスンがあると思いますが、そのときに教えてくれる講師が実際のレッスンでも教えてくれるのかを確認しましょう。

実は、無料レッスンというのは通ってもらうためにあるものなので、優秀な講師が教えることが多いです。 すると、こんな素晴らしい教え方なら、子どももきっと話せるようになると思ってしまうものです。しかし、実際に通ってみると違う先生になっていることもあります。

すると、この先生はなんか違うと感じることもあるのです。 そうなると大変です。 子どもが英会話をできるようになるには程遠いという状態になることも予想されます。 まず、無料レッスンと実際に通ったときに同じ状態でレッスンが行われるということが大切です。

あと、私の通ったところは外国人でしたが、日本人が教えてところも多いと思います。 日本人だと発音が心配と思ってしまいますが、実はそんなことはないです。 日本人だときれいな標準の発音をされる人がほとんどなので、逆にいいかもしれません。 外国人は生まれ育った土地の発音でそのまま教えていることが多いので、なまりがある発音をする人もいます。 ただ、外国人は子どもと触れ合うことになれているので、見守る親としては安心できるというメリットもあります。

このページのトップへ