出産が待ち遠しい

妊娠中に見てほしい映画

妊婦になって、「少し頭がゆるくなったなあ」と感じることがあります。 それは、物覚えが極端に悪くなったり、本やテレビを見るのが辛くなってくるため。 でも、それが妊婦さんの正しい姿なのだそうです。 「目が疲れると子宮が収縮する」とも言われるほど、妊婦さんの目と赤ちゃんは関係が深いものだそう。

でも、目を使わないと暇なんです。勉強関係はとにかくできなくなってしまいます。だから映画も、本来なら全神経を映像に向けなくてはいけないので、激しいものはさけた方が良いのですが、カンヌ映画祭でかつてグランプリを獲得した河瀬直美さんの「玄牝(げんぴん)」だけは、絶対にみるべきだと思います。

この映画は、愛知県で「自然なお産」のすばらしさを提唱し続けている「吉村医院」を題材としたドキュメンタリー。 一時的に妊婦さんは、吉村医院の敷地内で共同生活を営んだりするのですが、その過ごし方がとにかくすごい!8ヶ月や臨月の妊婦が、薪割りをしていたり、一日300回ものスクワットをしたりしているではありませんか?

最近の妊婦さんは、私たちのおばあちゃん世代に比べて骨盤底筋が弱くなっているため、あまりお腹が大きくなってからの激しい運動は、早産になる原因だとも言われる中、たくましい妊婦の筋トレ姿には言葉を失います。 そもそも、吉村医院での出産は誰でもできるわけでなく、自然な食事スタイルであることなどいくつかの条件があるともきき、それによって可能なわけだと思うのですが。

そして、何よりこの映画をすすめる理由に「出産シーンの美しさ」があります。妊婦さんが穏やかで、神秘的で美しく、また、生まれてきた赤ちゃんが、今までのどんな出産シーンでも見たことがないほど柔和な表情で、落ち着いているんです。 産声をあげるのも忘れているのではないか?というくらいに。 出産シーンを扱う映画や映像は、見ることで更に本番への恐怖がつのってしまうことも多いもの。でも、私はこの映画をみてすっかり安心して臨む気持ちになれました。

私のバースプラン

妊娠して出産が近くなる30週頃に、産院から「バースプラン」という用紙を渡されます。 これは、妊婦さんの希望する出産がどんなものかを知らせるもので、全部が叶うわけではないでしょうが、一応それをもとに助産師が出産までのスケジュールを見立ててくれるそうです。

私のバースプランは、結構細かくあります。
1)出産予定日を過ぎても、可能な限り妊娠促進剤を使わないで産みたい。 2)陣痛のときは母や夫と供にできれば個室を希望し、分娩室には誰の立ち入りも必要ありません。 3)ソフロロジーの呼吸法での出産を希望。ラマーズ法の呼吸法をさせないでほしい。 4)可能な限り、会陰切開をしないで出産したいので、会陰自体に伸びがあり裂傷の心配がなければそのまま出産したい。

5)できる限り、分娩室の照明を暗くして生まれてくる赤ちゃんを恐がらせないでほしい。 6)へその緒がついたまま一度抱っこさせてほしい。また出産後30分以内に授乳させてほしい。 7)できれば、母子同室を希望。 8)陣痛室では、ソフロロジー式のリラックス音楽を流して欲しい。

9)現状の説明を細かくしてほしい。説明もなく吸引や帝王切開を行わないでほしい。 10)会陰切開をした場合は、できれば溶ける糸を使用してほしい。 11)出産後の1週間程度は、できるだけ部屋を暗くしてほしい。 12)間に合えば、出産後すぐに夫に子供を抱かせてあげたい。

という全12項目ほど。

私の場合は帰省出産なので、今まで通院していた病院と全く違う環境での出産となるため、まだその病院自体のことが良くわかっていない状態です。 そのため、できるだけ細かく記載しました。 後は、信頼できる助産師さんに巡り会えるかの運だと思っています。何にしても始めての経験。想像通りにはいかないでしょうが、がんばります。

妊娠中の体型維持

妊娠すると体重が増えるのは当たり前。ただ、体型はあまり崩したくないと思い、どうしたら、妊娠中に体型を維持できるかを考えました。 そこで、実践したことがストレッチです。 ストレッチって効果あるの?」って思っている方は是非実践してみてください。

妊娠して体重が増えても体型はほとんどキープできますよ。 どんなストレッチをすればいいのかといいますと、まず、ひざを曲げた状態で30秒キープします。はじめは30秒でもキツイでしょうが、そこは頑張ってほしいです。 1週間もすれば、楽々できるようになります。

このひざ曲げストレッチをすると下半身に肉が付きにくくなります。 するとお腹だけが膨らんだ妊婦さんになります。 当然、お腹には赤ちゃんがいるわけですから、お腹ができるは当たり前。 そのお腹は出産すればへこみますから大丈夫。

ただ、下半身のお肉はお腹に肉が付くことで、自然に付いてしまうのもですが、それを防止する役目があります。 また、妊娠中は二の腕に肉が付きやすいです。 二の腕は腕を垂直に上げた状態で1分キープします。 このとき、腕に力を入れるだけで入れるのがポイント。 少し腕がプルプル振るえるぐらいがちょうどいいです。 これを朝と夜2回しましょう。

すると二の腕にも肉が付きにくくなります。 たった2つのストレッチをするだけで、妊娠中でも体型を崩すことがありません。 これで出産後も体型で悩むこともなくなります。

このページのトップへ