理想のママになれます

子育て中の失敗談

私が子育て中にもっと早くにしておけば良かった処置としてあげるのが、「セルライト予防」です。ママになると、だいたい3kg分の脂肪が体に蓄えられるそうなのですが、その時期を見誤っていました。 「どうせ、脂肪がつくのは妊娠後期のことだろう」と高をくくっていたら、見事、子育て4ヶ月頃にはセルライトまみれの体になっていました。

確かに、妊娠前期から順調に増え続けていた体重。 それにともなって、浮腫みがでてきてもあまり対処せずにいたのですが、それがまずかったようです。浮腫む場所というのはいわゆる「冷えている場所」。それを何日間にもわたって放置していることによって、なかなか落ちないセルライトの粒に。

お尻なんて力を入れるとまるでオレンジのようにぼこぼこ。 お尻と太ももの区別もつきにくくなり、太ももや膝の裏や周辺、ふくらはぎだけじゃなく足首にまでコリコリとした脂肪の粒が!

浮腫みがでた段階で、セルライト対策用の「温熱ジェル」やローラーを使っておけば、こんなにまでひどくはならなかったはずなのに。と本当に後悔です。 妊娠線の対策を始めたら、それと同時に下半身のセルライト対策も始めるのは、本当に大切だと実感しました。

また、もっともっと子育て2年目から「筋トレ」をしておけば良かった。とも後悔しています。 というのも、私が本気でスクワットなどの「筋トレ」を始めたのは結構お腹が大きくなってきてから。それまでも、4km程度の散歩やマタニティヨガなどは行っていたものの、それだけではまだ不安です。

特に、骨盤底筋を前もって鍛える体操をしておけば、もっと運動量が増やせたように思います。 子育て2年目になってからの運動は、骨盤底筋の強さに比例して可能とのことで、鍛えていないで急に行うと早産の原因になることも。 また、それ以上に股間が重く感じられてなかなか運動できません。

現在、一日50回スクワットをしているのですが、もっと早くからやっていれば100回はできたのになあ。と思います。 たくさんトレーニングしたいので、早いうちからの筋トレをおすすめします。

こんなママにはなりたくない

世の中のママさんには二通りいるように思います。「いつもニコニコして幸せオーラを漂わせているママさん」と「体調が悪そうに悲壮感の漂うママさん」。ほとんどは、前者のように思いますが、私の周りにはナチュラル志向の強いママさんが多かったこともあり、中には「こうじゃなきゃ妊婦」がいました。

「こうじゃなきゃ」というのは、情報収集しすぎて「良い」といわれている生活や食事スタイルで自分を縛り付けてしまった結果、ストレスを抱え込んでいるタイプ。「玄米を食べなくてはいけないのに食べられない自分を責めてしまう」とか、「ケンタッキーが食べたくなってしまう自分が嫌」とか、「具合が悪くて、何も出来ない自分に腹が立つ」と言って、ため息をつくのです。

でも、思うに、最も赤ちゃんに悪影響なのはママのストレス。「かかか!」と笑って過ごしている方が、絶対に胎教に良いはず。神経質になるのはわかるけど、人の買い物かごを覗き見て、「そんなもの食べるの?」などとチェックを入れてくるのは勘弁してほしいもの。そんな「体調が悪そうに悲壮感を漂わせながら」どんなに良い栄養とったって、吸収されないのではないかしら?と思わせられます。

また、これは自分の話になりますが、ママになってからというもの、どうも他人の子供を可愛く思えなくなった時期がありました。想像では、妊娠すれば「他人の子供に生まれてくるわが子を重ね合わせて目を細めるのが当然」と思っていた私にとっては、予想外の出来事。電車で隣り合わせた子供に笑いかけられているにもかかわらず、気付かないふりを決め込む始末。

なんてお粗末なのだと、自己嫌悪になりました。他人から見ても、「子育て後大丈夫かしら?」と思われてしかるべき。こんな状態は7ヶ月くらいまで続きました。やっと、妊娠前程度の「子供好き度」には戻ったものの、これからの子育てに多少不安があるのも事実。いまだに原因もわかりません。こんなママにはなりたくない。を自ら体現させてしまいました。

子育てをする夫

私たち妊婦は10ヶ月かけて母になる中、夫というのは突然「父」になるため、その実感を得にくいものです。 妻のお腹が大きくなってきて始めて「へえ、妊娠してるんだもんなあ」程度。 でも、それってしょうがないことですよね。

正直夫が欠伸をしていたって子供は産まれるのですから。 ある男友達は言います。「お腹が大きくなってきた妻をみて、女と思えなくなったなあ。」と。 そんなのひどい!!というのは妊婦なら当然の怒りですが、どこかで私は「でも、そうだろうなあ」とも思うのです。

彼は思ったままに行動したけれど、そうじゃない夫たちだって「子供を作った責任」や「妻に申し訳ない」という「義務感」によって妻を裏切らないけれども、それは無条件に体ごとまるっと愛されていた以前とはちょっと違う感情がもとになったもの。

顔色悪くつわりで余裕をなくしている姿や、お腹が大きくなって嫌でもおばさん体型になっていく妻を、以前と変わらず愛せないのは、残念だけど変える事の出来ない事実。 こんな男女の生理的違いの中で、妻が無理やり自分の価値観を押し付けながら理解させようとやっきになると、お互いが消耗していくように思います。

実は、妊娠中に妊婦ができるのは一つだけ。 それが「夫育て」ではないでしょうか。 子供が産まれてから子供も育てなくてはいけない、夫も子育てにやる気になるよう変えていかなくてはならない。では、自分の身をすり減らすようなもの。

妊娠中は、自分の体の変化と向かい合いながら、夫には妻の体に向かい合わせず、「あなたがいなくては、何も出来ないのよ」という態度で下手に出続け、最高の「ありがとう、助かった」を言い続ける。 そうして自分も子供もあなたを必要としている。ことを理解してもらったうえで「イクメン」として育てていくことが重要なのでは?と思うのです。 気分にムラがでやすい子育て期間ですが、そこががんばりどころ?かも。

このページのトップへ